健康の為に気力を維持する音楽演奏

健康の為に気力を維持するのは大事ですね

  • 健康の為に気力を維持すると言っても、人それぞれですから「これが良い」とは一概に言えないものですね。
  • でも、私の例も一つの参考になるかもしれません。
    それは、趣味です!
    色んな趣味がありますが、殆どは頭を使い身体のどこかを働かしてすることになりますね。
  • 私は、「音楽演奏」を趣味にしています。
    1.カラオケで新曲を覚える
    2.ドラムを習いに行く
    3.覚えたカラオケ曲は、ドラムを叩きながら歌う
    これを繰り返しています。
  • 歌は、5曲くらいを一生懸命に歌うだけで良い運動になりますし、肺が活動してきます。
    血流が良くなる、ストレス発散、ダイエット効果があるし、脳を活性化しているように思えます。
  • ここで友人の失敗例ですが、決して「上手でないといけない」「間違ったら恥ずかしい」と思わないことかと考えます。
    楽しく笑顔で歌えればそれで満足すれば良いです。
    「あの人より上手になりたい。負けたくない。」などの競争心が出てくるとある段階で嫌になります。
    笑顔で歌っていれば拍手をしてくれます。
    間違ったら「あちゃー失敗したぁ。笑」でいいと思います。
  • ドラムは、30分も叩けば汗をかきます。
    両手足と動かして、聴覚に集中すればとっても爽快な気分になります。
    高齢者になってからドラムを始めましたが、歌を歌える人は誰でもドラムができると実感してます。
    最初は上手な人に基本リズムを教えていただくだけで、そこそこリズムに乗って叩いておられる方もいらっしゃいます。
健康の為に気力を維持する音楽演奏


カテゴリー健康と気力の一覧最近10件