認知症予防

認知症予防

 alt=

  • 認知症って予防できるのでしょうか?
    遺伝体質などで決まるのでは?
  • 確かに、「認知症にならない方法」は現在はありません。
    でも、「認知症になりにくく」はできるようです。
    特に、「アルツハイマー型認知症」には「生活環境」と「生活習慣」が大きく影響するとされています。
  1. 食習慣
    野菜・果物で、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンを沢山摂取する
    魚類で、DHAやEPAを沢山摂取する
    赤ワイン、蕎麦、ココア、チョコレート、緑茶などで、健康ポリフェノールを沢山摂取する
  2. 運動習慣
    有酸素運動を隔日ほどに行う
    ※これは、個人差があるようです。無理の無い範囲で少しずつ運動をしましょう。
  3. 対人関係を豊かに
    趣味、仕事などでの対人関係を豊かにし、毎日できるだけ沢山の会話をしましょう
  4. 知的習慣
    「文章を書く」「趣味を極める」「何かを作る」など知的な行動を毎日行いましょう
  5. 睡眠習慣
    毎日定時に寝て定時に起床するのが良いようですが、個人差があっても良いと思います。
    少しのお昼寝は毎日しましょう
  6. 心の習慣
    毎日の楽しい事ややりがいのある事を見つけましょう

 

認知症予防の心掛け

  1. 野菜と魚介類、肉類のバランスのよい食事をしましょう
  2. 個人に合った適度な運動をして足腰を丈夫にしましょう
  3. お酒の飲み過ぎや、タバコの吸い過ぎには注意しましょう
  4. 転倒しないように履物に気をつけましょう
  5. 好きなことで興味と好奇心を持続しましょう
  6. 文章を書いたり、話し方を工夫して、表現することを心掛けましょう
  7. 対人関係を大切にしましょう
  8. おしゃれ心は何歳になっても忘れないようにしましょう
  9. 明るい気分で毎日笑顔のある生活をしましょう
  10. 他人の役に立つことに喜びを感じるようにしましょう
認知症予防


カテゴリー認知症の一覧最近10件