脂質異常症(高脂血症)の改善に良い食品

脂質異常症(高脂血症)の改善に良い食品

脂質異常症(高脂血症)の改善に良い食品

  • 青魚
    青魚には、多くのEPA(エイコサペンタン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。
    EPAやDHAには、コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果があります。
    また、EPAには血栓をできにくくする効能もあるので、動脈硬化や脳梗塞、高血圧、脳出血などに効果があります。
  • 魚介類
    エビやイカ、タコ、貝類に含まれる「シトステロール」には、コレステロールの増加を抑える効果があります。
    また、含まれる「タウリン」にも、コレステロールを低下させる効果があります。
    「高脂血症」のみならず、動脈硬化、高血圧、糖尿病、心疾患、脳血管障害にも有効です。
  • にんにく
    「にんにく」に含まれる有機硫黄化合物「ジアリルジスフィルド」には、肝臓でコレステロールの合成を抑さえる作用があります。また、もう一つの「にんにくパワー」の源である「スコルジニン」には、新陳代謝を盛んにする効能があり、疲労回復や、血管を広げて血圧を下げる効果もあります。
  • 茸(きのこ)
    「茸」には水溶性食物繊維が多く含まれ、コレステロールの排出を促進します。
    特に、「しいたけ」には「エリタデニン」というコレステロールを低下させる成分が含まれ効果的です。
  • 芋類
    芋類に含まれる食物繊維は、コレステロールの排出を促進しますので効果的です。
  • 大豆
    「大豆蛋白」であるグリシニンやレシチンには、コレステロール値を低下させる効果があります。
    特に、納豆に含まれる酵素「ナットウキナーゼ」には、血栓予防にとても効果的です。
    但し、血栓防止薬「ワーファリン(ワルファリン)」を服用している場合は、「ワーファリン(ワルファリン)」の効果をなくすためにご注意をしてください。
  • 牛蒡(ごぼう)
    「牛蒡」に多く含まれる食物繊維がコレステロールの排出を促進します。
    また、酵素「ペルオキシダーゼ」という抗酸化作用を持ったも多く含まれており、動脈硬化の予防に効果的です。
  • 緑茶
    「緑茶」に含まれる「カテキン」にはコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるので血中脂肪を減らすのに効果的です。
    また、「緑茶」に含まれる「カフェイン」は脂肪燃焼を促進する効果があります。
脂質異常症(高脂血症)の改善に良い食品


カテゴリー脂質異常症(高脂血症)の一覧最近10件