糖尿病とは?

糖尿病とは?

糖尿病にならない生活習慣

  • 「糖尿病」とは、ホルモンの一つである「インスリン」の働きが低下することにより、摂取した栄養素がうまく利用されず血液中のブトウ糖(血糖)が多くなり過ぎている状態を言います。
  • 膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」の分泌不足による場合と、肥満などの原因でインスリンの働きが低下する場合の二通りが考えられます。場合によっては、この両方が複合して「糖尿病」の原因となることもあります。
  • 高齢者に多い糖尿病は、殆どの場合は無症状から始まるとされています。この無症状の時期に早期に「糖尿病」を発見することがとても大事なのです。
    市民検診などで健康診断を欠かさずにおこなっておきましょう。
  • 糖尿病が悪化すると多尿となることが多く、喉の渇き、空腹感、体重減少、疲労感、手足のこむらがえりなどの症状が出ます。
    酷い時には、意識障害(糖尿病昏睡)が起こることも有ります。
  • 糖尿病になりやすい体質の方が、肥満やアルコール・精神的ストレス・加齢による臓器の機能低下などの誘因により発症するとされています。
  • 高血糖状態が長く続くと、合併症が発生することがあり、生活に大きな支障が出てきたりしますので注意が必要です。
  • (糖尿病による合併症)
    糖尿病網膜症 眼底の血管に病変が発生して、最悪は失明します。
    糖尿病腎症 腎臓に障害が発生して、蛋白尿やむくみが出ます。
    糖尿病神経障害 全身の神経に障害が発生し、最悪は糖尿病性壊疽になることがあります。
    狭心症・心筋梗塞 冠動脈が動脈硬化を起こします。
    脳梗塞・脳出血 脳動脈に動脈硬化が発生し、いわゆる脳卒中に至ることがあります。
    閉塞性動脈硬化症 足への動脈が動脈硬化で細くなると血流不足となり、痛みや最悪は糖尿病性壊疽の原因になります。
  • 糖尿病治療の基本は、「食事療法」と「運動療法」が主になります。
    他に、「内服薬」により治療することもありますが、それでも改善しない場合には「インスリン療法」が必要になることがあります。
  • 私は下記のことを努めています
    1.食べ過ぎない
    2.空腹感も楽しむ
    3.ほぼ決まった時間に食事を摂る
    4.野菜を多めに食べる
    5.糖尿病予防に良いとされる、山芋、じゃがいも、かぼちゃ、しいたけ、昆布、いちごを食べる
    6.お菓子などの甘い物は週に数回だけにする
    7.脂っぽいものは食べ過ぎない
    8.歩いて行ける所には歩いて行く
    9.エスカレーターよりも階段を選ぶ

でも、絵に描いたようにキッチリとは行きません。ストレスにならないゆにたまには羽目を外します。
無理の無い範囲で自分の決めた予防法を日常生活に取り入れることが大事なのではないでしょうか?

糖尿病とは?